はんこは3本セットが便利です

印鑑72

はんこは毎日使うものではないですし、必要性をあまり感じない方もいるかも知れません。サインで足りる場面もありますが、一番身近なのは銀行口座を開設するときでしょう。1本から注文することもできますが、成長するに従って必要となるはんこもありますので、せっかく買うときには3本セットとして用意するのがお勧めです。

はんこの種類と作り方

会社設立3本セット

会社登記や個人事業主として開業する時には印鑑が必要となりますが、一般的には実印、角印、銀行印があれば大丈夫です。実印は法務局に登録する印鑑で、直径18ミリほどの丸形が一般的です。はんこといえば円柱形のズンドウ型が思い浮かびますが、会社設立印は押しやすさから持ち手がくびれた天丸と呼ばれる形状が広く普及しています。

角印は21ミリもしくは24ミリの正方形型で、小切手などに使用されます。銀行印も口座開設時に必要になりますので用意しなければなりません。実印と銀行印は併用もできますが、会社の資産に関わる大切な印鑑が実印ですので、併用することは避けたほうがいいでしょう。

他に普段の業務で使うはんこといえば会社の住所や連絡先を押せるゴム印があります。手書きでもいけますが取引先が多くなってくるに従って書く数も増えますので用意しておくと便利です。

個人用印鑑

印鑑82

個人用のはんこも3本あれば十分です。実印、銀行印、認印がそれで、銀行印と認印は併用もできますし、認印は100円ショップなどでも購入できますのであとから用意しても大丈夫です。個人用の印鑑は天丸タイプも選べますが、一般的にはズンドウ型が使われています。

購入するときには商品名が実印と呼ばれることが多くありますが、住民登録をしている市区町村の窓口で印鑑登録をしたはんこを実印と呼んでいます。15歳以上が印鑑登録できますが、高額な契約をしなければその必要性は感じないと思います。

住宅の購入、乗用車の購入、ローン契約、遺産相続などのときに必要となるのが実印です。印鑑登録できる印影の大きさは8ミリ以上25ミリ以下と決まっていますが、販売店のほうが詳しくわかっていますので大丈夫です。

印影の大きさは実印が一番大きく、銀行印、認印とだんだん小さくなっていくのが一般的です。直径は18ミリ、16.5ミリ、15ミリ、13.5ミリと1.5ミリ刻みで小さくなっていきます。全く決まりはないのですが、どちらかといえば男性は大きいもの、女性は小さめのものを選ぶ傾向にあります。

特別こだわりがなければお店の方で用意した3本セットの大きさを選んでおけば大丈夫です。

印材には何がある?

木や動物の角などはんこを彫り込むものを印材と呼びますが、それにも様々な種類があります。大きく分けて4種類、木材、動物の角、プラスチック、金属があり、値段も変わってきます。古くから利用されている木は柘植です。

江戸時代などには女性の櫛にも利用されていた木で、本柘植の印材はかなり高価ですが、輸入品の安価な柘植を選ぶこともできます。他によく使われる木としては、黒檀、白檀、彩樺、玄武、アグニなどまだまだありますので、実物を見て色合いや手触りからお好みのものを選ぶといいでしょう。

動物の角でよく使われるのは水牛の角です。黒水牛の名で売られているものもありますが、それは模様がきれいではない水牛の角を黒く染め上げたものですので、元々同じものです。以前は印鑑に適した印材として象牙やマンモスの角なども選べましたが、ワシントン条約で輸入が厳しくなり入手しにくくなりました。

輸入が解禁される時期に国内に入ってくることもありますが、値段も高価です。代替品も出回っていますが見分けはつきにくいので、一般人が本物かどうか判断するのは難しくなっています。他にはプラスチック、琥珀、一番新しい印材としてチタン合金も使われています。

プラスチックは安価ですので認印や、遊び心のはんこで利用されています。チタンはその耐久性の高さから年々需要が高まっている印材です。チタンもブラックやゴールドなど様々な色を選べますので、実物を確認するのがいいでしょう。

よく使われる書体は?

はんこには自分の名前を掘るわけですが、その書体もいくつかあります。希望の書体がなければおまかせでもいいでしょうが、実印には印相体もしくは吉相体と呼ばれる書体がよく使われます。読みにくい書体ですが縁起がいいものとされ、実印は基本的に自分本人だけが読めればいいものですので他人が読めなくても何も問題ありませんが、印鑑登録のときには書体の制限はありませんので、もっと読みやすい書体で掘るかどうかは本人の自由です。

他によく使われる書体としては篆書体、行書体、隷書体、古印体などがあり、銀行印や認印は読みやすい書体を選ぶことが多くあります。実印はフルネームを縦に掘る場合が多く、銀行印や認印は名字もしくは下の名前だけを彫り、こちらは縦でも横でもお好みで選んで大丈夫です。

はんこが欠けたらどうする?

はんこを使っているうちに欠けたらどうすればいいのでしょう。新しいものを買うにこしたことはありませんが、高価な印材だったり形見のはんこでまだ使いたいときには彫り直しを依頼することもできます。その場合には印面を切断して彫り直しますので印材自体が多少短くなりますし、印影もかわりますので登録し直しも必要です。

銀行印でしたら名前の部分が欠けていなければそのまま使うこともできますが、欠けた印鑑からは運気が逃げると言われることもあり、縁起が悪いと考える人もいますから、彫り直すのか新しくするのかは個人の判断です。はんこの周りの円はどうしても薄いので欠けやすいと言えますが、欠けるのを防ぐ方法として書体を選ぶこともあります。

印相体は名前の漢字どうしや周りの円につながるように掘る書体ですので、欠けにくくなっています。欠けると困りますので、欠けない印材としてチタン合金の人気が高まっているのも納得できるところです。

日々の生活にはんこはまだ必要です

役所を中心に脱はんこの動きもありますが、まだまだ完全に日々の生活から切り離されてはいません。毎日使うものではないですが、必要となった時にすぐ使えるように前もって用意しておくことも大切です。各種契約時には必要となりますので、お子さんがいる方は成人もしくは働き始める前に3本セット用意してあげるといいでしょう。