予算が500円でも作れるはんこはあるの?

印鑑40

はんこが必要だけれど、あまり高いものは買えないというときもあるでしょう。はんこは高い場合には何万円もしますが、例えば500円くらいで作れるものはあるのでしょうか。この記事では500円を予算とした場合にどのようなはんこを手に入れられる可能性があるのかをまとめました。

必要なはんこを調達できるかどうかを確認しておきましょう。

はんこの種類と作り方

はんこの既製品は買える場合が多い

500円の予算ではんこを手に入れる方法として最も可能性が高いのは既製品の購入です。既製品のはんこは大量生産が行われているため、単価がかなり安くなっています。日本で一般的な名字については既製品のはんこが量産されているので、はんこショップや100円ショップなどで買えるでしょう。

メーカーによって作っている名字は違うため、鈴木さんや佐藤さんのように有名な名字でない人は複数のメーカーで探してみるのが大切です。また、はんこの既製品は同じ印影のものが多数作られています。そのため、基本的に銀行印や実印などで使用するのには向いていません。

認印としてどんな印鑑でも構わないようなときに用いるのが妥当でしょう。また、既製品のはんこには「合格」「禁」などといったものもあります。特定の文字を押すのに使うはんこは既製品でも問題はないでしょう。この際には500円あればかなり多くの種類のはんこを手に入れることが可能です。

よく用いられているものははんこショップで取り扱いがあることが多いので店頭で確認してみましょう。はんこショップに相談するとメーカーから取り寄せてくれることもあります。よく使われている文字ではないかと思ったときには、生産しているメーカーがないかを調べてもらうのも得策です。

ゴム印も500円で買えることが多い

500円で買えるはんことしてゴム印も挙げられます。ゴム印は素材自体が安くて加工も機械で簡単にできることから500円以内で買えることが多くなっています。一般的な木製やプラスチック製の印鑑と同じように、既製品のゴム印には500円以下のものがたくさんあります。

あまり大きなサイズものや、印字されている内容がポピュラーでないものは高くなりがちですが、よく用いられているような文字列やイラストが入っているゴム印なら安く手に入るでしょう。また、ゴム印の場合には印影をオーダーメイドで作ってもらっても500円以内に収まる場合もあります。

サイズが小さくて四文字前後の文字列にしか対応していない業者もありますが、指定された範囲内であればゴム印を作れる可能性があるのは知っておくと良いポイントです。ゴム印の制作に特化している業者では格安のサービスを提供していることがよくあります。

必要なゴム印を予算内で作ってもらえるかどうかを問い合わせて確認してみましょう。

個人印鑑では500円を超えがち

個人印鑑をオーダーメイドで作りたいときには500円以内に収めるのは困難になりがちです。自分の名字を希望するフォントで個々に作成してもらうときには1000円以上かかることが多くなっています。職人が丁寧に彫り込むようなケースでは数千円かかることも多く、水晶や水牛などを使用すると一万円を超えることもあるのが実態です。

ただ、木製やプラスチック製のはんこは比較的安いので、500円前後で作ってもらえることもないわけではありません。典型的なのは既存のフォントを使って作る認印の場合です。どのような文字にするかでこだわりを持ち、唯一無二の印影にしてもらいたいと思うと高くなります。

しかし、楷書体や草書体、隷書体などの既成フォントを使って個人印鑑を作ってもらう場合には安上がりです。サイズも12mmかもう少し小さいくらいのはんこにしておくと、素材分の費用も押さえられるので500円くらいで買える可能性があります。

業者によってどのくらいの価格で対応してくれるかは異なるので、比較して500円くらいで買えるところを探してみましょう。予算が500円しかないという伝え方をすると、500円以内でどんな対応ができるかを提案してもらえるでしょう。

素材にこだわると500円では難しい

500円以内に収めたいときにははんこの素材にこだわるのが難しいのは念頭に置いておきましょう。素材の価格だけでも500円を超えてしまうことはよくあるからです。先に挙げた水晶や水牛だけでなく、誕生石などに使われている希少な石を使おうとすると500円ではまず無理でしょう。

近年人気になっているチタンなどの金属も500円で手に入れるのは困難です。木製もあかね材のように安いものを選べば可能ですが、薩摩本柘のような高級木材を使用すると数千円かかってしまいます。プラスチック製のはんこも樹脂素材の選び方次第で価格はかなり違いがあるので、安いものを選ぶことが重要になります。

500円ではんこを作ってもらうには

500円で既製品の安価なはんこを購入することは可能ですが、やはり自分の希望した形で作ってもらいたいと思うことも多いでしょう。それでも予算は500円という場合にはどうしたら良いのでしょうか。ここまで説明してきたようにはんこの素材は安価なものにすることが必要です。

ただ、同じ素材であっても業者によって価格には大きな違いがあります。素材や印影などにこだわることと合わせて重要なのが、相見積もりをして安い業者を選び出すことです。また、余計な費用がかからないように工夫をすることも重要です。

できたはんこは店頭で受け取るのが最も安上がりになります。郵送をしてもらうと百数十円くらいかかってしまう場合が多く、送料無料としている場合にもはんこの代金に加算されています。はんこを買うときに印影を確認すると数百円の費用負担がかかる業者が多いので注意しましょう。

印影にこだわりがある場合には確認をしたいと考えるのがもっともなことですが、費用面を考えると負担が大きいので500円には収めるのは困難です。このような追加料金がかかるような部分を極力なくして注文できるはんこショップを探すのが大切です。

郵送が標準になっている業者と交渉してみるのも良い方法なので検討してみましょう。

500円以内でもはんこは作れる

500円で手に入れられるはんこは既製品とゴム印が主なものです。ただ、安価な素材を選んで安い料金で対応してくれる業者を選べば500円以内に収められる可能性は十分にあります。オーダーメイドで作るのにこだわりたいときに、予算が500円しかなかったとしても諦めないようにしましょう。

業者から見積もりを取って比較すればきっと予算内で購入できます。