ハンコをできるだけ早いタイミングで納品してもらう方法

印鑑23

ハンコがとにかくすぐに必要になってしまったから、一刻も早く納品してもらえる方法で注文したいということもあるでしょう。ハンコを業者に依頼して作成してもらうときには、やり方次第で納品までにかかる時間が大きく異なります。

この記事では早いタイミングで納品してもらうコツや注文の流れ、他に考えられる選択肢を詳しく解説します。

ハンコの種類を全部集めてみた!ハンコの基礎知識と種類

即日納品のハンコ業者を選ぶ

少しでも早いタイミングでハンコを納品してもらいたいときにはハンコ業者を厳選することが何よりも大切です。ハンコ業者によって何にこだわってサービスを提供しているかは異なります。スピード納品にこだわっているハンコ業者もあるので、納品の早さを重視するときには即日納品の対応をしているハンコ業者を選ぶのを前提としましょう。

ハンコ業者によっては納期が原則として一週間くらいとなっている場合もあります。即日対応、当日納品などと謡っている業者も増えているので、業者選びのときには納品にかかる標準的な時間を確認するのが大切です。即日納品の場合にも何時間かかるのかはハンコ業者によって違い、早い場合には数十分で制作してもらえます。

必要なハンコの種類を決めてから業者を選ぶ

ハンコ業者を選ぶときには必要なハンコの種類を決めておくのが肝心です。業者によってどのような種類のハンコを早いタイミングで納品できるかが違うからです。例えば、認印として使用するハンコで、名字だけ刻印されていれば良いなら既製品でも良いと考えられるでしょう。

するとあまり一般的ではない名字でない限りは在庫があってすぐに納品してくれる業者が見つかる可能性があります。しかし、銀行印となると同じものがあってはならないので印影をきちんとデザインしてもらって作りたいでしょう。

その場合にはデザインにかかる時間と彫り込みにかかる時間を考慮しなければなりません。実印の場合にも同様で制作を依頼してから時間がかかってしまうことがよくあります。ただ、凝ったデザインにせずとも同じ印影のハンコが存在しなければ十分ということもあるでしょう。

機械的に印影をデザインしてなかなか同じものはできないようにすることは比較的簡単です。このような対応が可能な業者なら銀行印でも比較的早いタイミングで納品してもらえるでしょう。また、スタンプを作りたいときにはゴム印の制作に強い業者を選ぶことが重要になります。

象牙やチタンなどのハンコを作りたいときには在庫を持っていてすぐに制作できる業者を選ばなければなりません。そのため、ハンコの種類によって納期に大きな違いが生じることを念頭に置き、業者選びの前に必要なハンコの要件を決めておくのが肝心です。

納品方法として店頭引き取りを選ぶ

ハンコの制作を業者に依頼したときには納品方法を選べます。一刻も早くハンコを手に入れたいなら納品方法として店頭引き取りを選ぶのも重要です。郵送や宅配便などで送ってもらえるサービスもありますが、即日で制作してもらえても納品されるのは翌日以降になってしまいます。

特に郵便の場合には数日かかることもあるので早く手に入れたいときには向いていません。店頭引き取りなら、店頭まで行けばハンコの制作が完了した時点で手に入れられます。店頭引き取りをしやすくするためにも、できるだけ近くにあるハンコ業者に依頼するのが得策でしょう。

一般的に早い注文の流れ

一般的に早いハンコの注文の仕方を確認しておきましょう。まずはインターネットを使ってハンコ業者を探します。店頭引き取りに行くことを想定して、近隣にあるハンコ業者を候補にするのが大切です。近くにある業者のサービスを一通り見てみて、即日納品に対応していて製作時間が短いところを選び出します。

そして、注文方法を確認してオンラインフォームやメール、電話やFAXで発注できる業者を選びましょう。すぐに店頭まで行けるところにハンコ店があるなら店頭注文でも構いません。しかし、数十分くらい店頭まで行くのにかかるような場合には、スピード制作をしている業者ならオンライン注文をしてすぐに店頭に行くとできあがっているくらい早い場合もあります。

そのため、極めて店舗が近くにある場合を除くと、オンライン注文や電話注文に対応している業者を選ぶのが適切です。注文の際には決済を先にしなければならない場合もあります。銀行振込では時間がかかる場合があるため、クレジットカード決済を選びましょう。

後払いの場合には支払いの必要はありませんが、対応は業者によって異なるので覚えておくと良いポイントです。注文をするときには納期が明示されるのが一般的です。完成するのが何時かを確認して、その時間に合わせて店頭で引き取りましょう。

納期が十分に早いなら、時間を伝えて必要なタイミングで受け取れるようにするのも良い方法です。受け取り時間が厳しく定められていることはあまりありませんが、あらかじめ伝えておくとスムーズにハンコを受け取れます。

業者に頼まないという選択肢もある

ハンコ業者に頼んで制作してもらうと早くても数十分はかかります。ハンコ店が近くにない場合には数時間かかってしまうこともあるでしょう。それでは間に合わないという場合にはもっと早い方法もあるので検討してみましょう。

業者に頼むと時間がかかりますが、自分で作れば短い時間で済ませられます。契約書や提出書類などにハンコを押さなければならない場合に、電子書類で構わないのなら電子印鑑を作って押すのがスピーディーです。オンラインツールで数分あれば作れるので最も早い方法でしょう。

また、紙媒体の書類に印鑑を押す必要があるときにもプリントで済ませられる場合もあります。書類に直接ハンコの画像を印刷したり、書類をスキャンして印影を重ねた後、プリントアウトしたりすれば有効なことも多くなっています。

このような対応でも大丈夫かどうかを提出先に確認する必要はありますが、問題ないのであれば電子印鑑を使うとスムーズで簡単です。

早いハンコの手に入れ方を頭に入れておこう

ハンコは数十分で制作してくれる業者もあるので、必要なハンコの種類を決めて即日納品対応の業者を探せばかなり早いタイミングで手に入れられます。オンライン注文をして店頭で受け取れば数十分後には手に入るでしょう。

それでは間に合わないときにも電子印鑑を自分で作成すればほんの数分で用意できるので検討してみましょう。